‘美容医療’ カテゴリーのアーカイブ

ダブロ症例写真 ②

2018年2月11日 日曜日

坂クリニック・木下です。

前回に引き続き

つい最近の『ダブロ』症例写真

を紹介します。

(写真掲載をお許し下さり

ありがとうございます!)

40代後半の女性です。

頬のボリュームが下方に移動し、

口元だけでなくアゴ下~首の

たるみが目立ち始めていました。

『ダブロ』の照射エリアは

「顔(目元・頬・アゴ下)」

(300ライン)です。

ダブロ症例

(各方向の右の写真が施術直後です。

ジェル拭き取り前ですみません。)

効果にはもちろん個人差が

ありますが、この方は

『ダブロ』との相性がとても良く

下記のような効果がわかりやすい

と思います。

①頬の下半分が引き締まり、

口元のシワ・たるみがスッキリ

しています。(ほうれい線・

マリオネット線の陥凹が

浅くなっています。)

②頬の下半分に加え、

首(アゴ下エリア)が引き締まり

アゴのラインがシャープに

変化しています。

③ほうれい線の上に乗っかって

いた頬のボリュームの一部が

頬の上半分に移動しています。

頬のピークが高くなり、

若々しく元気な顔つきに

変化しています。

 

坂クリニックの『ダブロ』

メニュー・価格表は

コチラ>>

ダブロ症例写真 ①

2018年2月9日 金曜日

坂クリニック・木下です。

『ダブロ』は超音波を用いた

たるみ治療機器です。

つい最近の『ダブロ』症例写真

を紹介します。

(写真掲載をお許し下さり

ありがとうございます!)

50代後半の女性です。

もともとたるみも少なく

シャープな輪郭をお持ちのため

ビフォーアフターがわかりづらい

かもしれません。

照射エリアは「頬~アゴ下」

(200ライン)です。

各方向の下の写真が施術直後です。

(ジェル拭き取り前ですみません。)

BF_ AF_

BR_ AR_

BL_ AL_効果にはもちろん個人差が

ありますが、下記の変化が

確認できると思います。

いかがでしょうか?

①頬の下半分が引き締まり、

口元のシワ・たるみがスッキリ

しています。(ほうれい線・

マリオネット線の影が浅くなり

角度も変化しています。)

②首(アゴ下エリア)が引き締まり

アゴのラインがよりシャープに

変化しています。

③ほうれい線の上に乗っかって

いた頬のボリュームの一部が

頬の上半分に移動し、ゴルゴライン

の影が目立たなくなっています。

④目の下エリアが引き締まっています。

FBSテレビの取材を受けました。

2017年5月16日 火曜日

レーザー脱毛や脱毛に伴うリスク

などについてテレビの取材を受けました。

 

平成29年5月11日付で

国民生活センターが

「なくならない脱毛施術による危害」

について発表した影響もあり、

メディアで取り上げられる機会が増えているようです。

IMG_0098 (2)

トラブルを避けるために

脱毛施術を受ける前には

料金だけでなく、

脱毛のリスクについても十分な説明を求め

正しい知識をもつことが

とても大切です。

疑問や不安な点は事前に質問して下さいね。

 

放送予定は

5月19日(金曜日)の早朝5:20~6:30の

「バリはやっ!」という番組です。

(追記)5月22日(月曜日)に変更になりました。

中園

症例写真【全切開ふたえまぶた手術 ③】

2017年3月23日 木曜日

  赤坂クリニック・木下です。

以前、『全切開による二重まぶた手術』

の1ヵ月半後までの経過を紹介していた

続きです。

>>以前の記事はこちら

リクエストは「平行型の二重」でした。

『手術後 3ヵ月』の状態です。↓ ↓

(下は手術前です)

PO3M (3)_

Before_

『手術後 3ヵ月』の傷あとの状態です。

(一番下は1ヵ月半の時の傷あと)↓ ↓

PO3M (2)_

PO3M (1)_

Po1.5M (2)_

まだうっすらとふたえラインがピンク色に

見えたり色素沈着の茶色が残っていますが

1ヵ月半と比べて微妙な腫れも引いてしまい

目を開いたときにはリクエストどおりの

『平行型ふたえ』に落ち着いています。

色が落ち着くまでにはあと2ヵ月前後

要するかもしれません。

症例写真【全切開ふたえまぶた手術 ②】

2016年10月7日 金曜日

坂クリニック・木下です。

前回の続きで、

『全切開による二重まぶた手術』

の経過写真を紹介します。

 

リクエストは「平行型の二重」

でした。

手術終了直後の状態です。↓ ↓

Ope (2)_

手術直後の腫れは少なめで

済んでいます。

 

手術から『4日目・抜糸直後』です。↓ ↓

Po4th_ Po4th (2)_

4日目としては、

腫れと皮下出血斑は少なめです。

手術後数週間は、腫れのために

リクエストよりも「くっきり」

または「派手な」ふたえに見えます。

 

『手術後 1ヵ月半』の状態です。↓ ↓

(一番下は手術前です)

Po1.5M_ Po1.5M (2)_ Before_

リクエストどおりの『平行型ふたえ』

で仕上がりました。

黒目の露出が増えたことで『目ヂカラ』

がアップし、『魅力的』な目元に

なりました。

この方の場合、手術後1ヵ月半で

腫れの8~9割が引いていますが、

この期間には個人差があります。

キズの線(二重のライン)のピンク色

はやや強めで、色素沈着(茶色)も

少し伴っています。

この色が落ち着くまでには最短でも

2~3ヵ月程度要するのが普通です。

症例写真【全切開ふたえまぶた手術 ①】

2016年10月5日 水曜日

久々の登場となりました。

坂クリニック・木下です。

今回は久しぶりに、

『全切開 二重まぶた手術』

の症例写真を紹介します。

当院ではプチ整形の『埋没法』

と同じくらい人気の手術です。

 

埋没法で作ったふたえラインは

将来的に不明瞭なラインに変化

してしまう可能性があります。

就職や結婚後に埋没法の再手術を

受けづらいという理由で、

ご自身の環境変化の前に

あらかじめ切開法に切り替えて

おきたいと希望される方は

比較的多くいらっしゃいます。

 

症例写真は20代の女性です。

Po1.5y_

全切開手術前の状態です。

末広型&奥ぶたえ気味の

ふたえラインです。

上の写真は当院での埋没法(4点法)

から1年半の状態です。

ふたえラインはくっきりした状態で

維持されていましたが、上記理由で

全切開の手術を希望されました。

 

元々は典型的な一重まぶたでした。↓ ↓

Before_

参考までに、

埋没法終了直後の状態です。↓ ↓

Before (2)_

切開手術後の経過は次回紹介します。

症例写真【くぼんだコメカミの改善 】

2016年2月26日 金曜日

坂クリニック・木下です。

今朝は寒かったですね~。

 

 さて今回は

『コメカミへのヒアルロン酸注入』

行った女性(40代後半)の症例写真を

紹介します。

 

コメカミへのヒアルロン酸注入の

過去記事 はこちら。

 

個人差はありますが

「コメカミのくぼみ」は40代頃から

目立ち始める場合があります。

形態改善の手段としてヒアルロン酸注入

が有効であることをお伝えしています。

くぼみを減らして上顔面の輪郭が

スムーズな曲線で構成されると、

柔らかい印象を与えることが

できます。

 

注入前の状態です。↓ ↓

beforeHA_

向かって右のコメカミは平坦で

目の外側の骨の張り出しが目立ちます。

左側はコメカミが浅いお皿状に

凹んでいます。

掲載した写真ではわかりにくいですが

ほほ骨の横方向への張り出しも

目立っています。

 

ヒアルロン酸注入後

1 週間目の写真です。↓ ↓

HA1w_

ヒアルロン酸は片側  1.0 mlずつ

計 2.0 ml注入しました。

コメカミなどの輪郭形成に適した

「モデリス」という製品を使用しました。

内出血の跡(皮下出血斑)は生じて

いません。

 

注入後 4.5ヵ月の状態です。↓ ↓

4.5M_

陥凹の再発はまだみとめられず、

目の外側の骨ばった印象はなく、

自然な形態が維持できています。

 

一般的にヒアルロン酸は

6~8ヵ月程度で自然吸収

されてしまいます。

「モデリス」は約 1年ぐらいもつ

印象です。(吸収までの期間は

製品や注入量により差があります。)

症例写真【全切開ふたえまぶた手術・男性 ②】

2016年2月20日 土曜日

坂クリニック・木下です。

前回の続きで、男性の

『全切開による二重まぶた手術』

の経過写真を紹介します。

 

手術後 3ヵ月の状態です。↓ ↓

PO3M_ PO3M (2)_

腫れはほぼ100%消失しています。

キズの線がごくごくわずかに

ピンク色です。

 

手術後 1年の状態です。↓ ↓

(一番上は手術前です)

PREOP_ PO1Y_ PO1Y (2)_

ご希望どおりの

「控えめな二重」

仕上がっています。

二重にしたことで目が開けやすく

なったため、黒目の露出も増え

目もとが明るい印象に変化

しています。

キズの線は二重のラインに

一致していて目立ちません。

症例写真【全切開ふたえまぶた手術・男性 ①】

2016年2月19日 金曜日

昨日さっぱり髪を切った

坂クリニック・木下です。

うなじがスースーすーばい。

↑↑(武田鉄矢風博多弁?)

 

さて今回は

『全切開による二重まぶた手術』

の経過写真を紹介します。

二重まぶた手術(重瞼術)で

人気があるのは、プチ整形の

代表格ともいえる『埋没法』かも

しれませんが、当院では

『全切開法』を埋没法と同じ

ぐらい多く行っています。

 

男性の『全切開法』は、女性同様

二重まぶた希望の20代前後から

たるみとり希望の70~80代まで

幅広い年齢層に対し行っています。

 

女性との違いは、二重の仕上がりに

対する希望内容です。

男性は、「パッチリしたかわいい二重」

ではなく、目ヂカラが強調される

「奥二重」や幅の狭い「控えめな二重」

を希望されることが多いです。

 

症例写真は20代男性です。

PREOP_

手術前の状態です。

典型的な一重まぶたです。

額の筋肉も使って目を開けているため

眉毛の位置が少し上がっています。

その影響で上まぶたのくぼみが

やや深めです。

「控えめな二重」を希望されました。

 

手術終了時の状態です。↓ ↓

OPO_ OPC_

控えめな設定の場合、

手術直後の腫れが少なめで

済むことが多いです。

 

手術後 3週目の写真です。↓ ↓

PO3W_ PO3w_

まだ腫れているため、

「控えめな二重」ではなく

「かわいい感じの二重」

見える時期です。

キズの線もまだ赤いですね。

 

その後の経過は次回紹介します。

症例写真【鼻翼縮小術 ②】

2016年1月27日 水曜日

雪道ウォーキングの翌日

太ももが痛かった

坂クリニック・木下です。

 

前回の鼻翼縮小術症例の続きです。

この症例では、小鼻の付け根の余剰な

皮膚を外側から内側(鼻の穴の中)

まで最大 4 mm幅で切除しました。

 

斜めと横からの写真を手術前(上)

手術後 1ヵ月目(メイクあり)(下)

で並べました。

Before3_ PO1M-3_

 

 

Before4_ PO1M-4_

当然ですが、手術前と比べ鼻翼の大きさ

(面積)が縮小しています。

また、手術前は不明瞭だった

頬と小鼻の境目が、手術後は

自然な溝で区切られているのが

わかると思います。

Before-7 PO1M-7

真横からの写真で、

鼻柱の付け根の高さと小鼻の付け根の

高さが近づいたことや、外側切除の

範囲・術後の傷あとの長さがわかると

思います。

傷あとの線はメイクでうまく隠して

もらっていますが、まだ 1ヵ月目です

のでメイクしなければ全長でピンク色

見える時期です。

そして今回、おまけのような効果ですが、

鼻翼縮小術に伴って「鼻先(鼻尖部)を

中心とした横方向からの鼻の輪郭が

綺麗なラインに変化」したことや、

「鼻先がシャープな印象に変化」した

ことを周囲から指摘されたとのことで、

手術結果を喜んでいただけました。