顔のホクロ 切除【こめかみ・生え際】

 

坂クリニックの木下です。

当院で1年を通してリクエストが

非常に多い『ホクロの治療』ですが、

以前のブログで受診後の流れや、

治療費用などについてふれましたので、

今回は症例写真を紹介します。

(写真の掲載をお許しいただき

 ありがとうございました。)

 

ほくろ除去の方法としては

以下の2種類が代表的です。

①炭酸ガスレーザーや高周波メスで切除する

②メスで切除して縫いよせる

(1本の線に縫い寄せてしまう単純縫縮や

ホクロの形どおりに切除して丸く縫い縮める

きんちゃく縫合などがあります)

今回紹介するのは②の単純縫縮術の

経過です。

 

↓ 写真はこめかみ生え際のほくろです。

青い線で囲まれた範囲の皮膚を

切り取って縫い寄せます。

2013-09

 

 ↓ 抜糸後1か月目頃の傷あとです。

最低2~3ヵ月間は傷あとが赤く

少し盛り上がって見えるのは

通常の経過です。

2013-11

 

 ↓ 手術後8か月目頃の傷あとです。

周囲とはわずかに異なる色調の

肌色の細い線に落ち着いています。

2014-06

ほくろとりの方法決定にあたっては、

各方法の利点・欠点、手術後に必要な処置内容、

傷が治る経過、予想される傷跡についてなどを

詳しくお伝えしたうえで行っています。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。