手首~前腕のタトゥー ②【1回目術後】

坂クリニックの木下です。

 

昨日書いたとおり、この部位は

露出部であり、治療結果の良し悪しが

否応なしに目につきます。

また、皮膚を広く切り取ったあとに

非常に縫い寄せづらいエリアです。

皮膚を切除しすぎるとつっぱって

しまうので、手首を十分に反らせなくなる

可能性もあり、もしバスガイドさんだったら

しんどいと思います。

患者さんが希望するゴールと

マッチするならば、

レーザー治療で気長に

治療する方が無難なタトゥーです。

 

患者さんがタトゥーをとりたかった理由は、

将来資格を取得するための準備目的

とのことでしたので、治療終了までの

期限が限られていました。

中途半端に色や絵柄が残るのも困るとのことで、

複数回(最低3回)に分けて安全に切除

していこうという方針になりました。

 

1回目の手術では写真での縦方向に

最大7cmあったタトゥーのうち

3.5cm幅を切除しました。

写真は1回目の手術から

2ヵ月半経過したときの状態です。

まだまだ残っているという感じです。

1回目術後2.5M

術後 2.5M

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。