背中のタトゥー ②【2回目手術後】

坂クリニック・木下です。

今日は今年最後の日曜日です。

すごしやすい天気になりました。

昨日手術した患者さんなどの

キズのチェックやガーゼ交換のために

出勤中です。

写真

今朝の福岡城のお濠です。冬のお濠は

枯れた蓮の花で心なしかもの寂しげです。

 

 さて、前回紹介した肩甲部の

タトゥー患者さんのその後の経過です。

PO4w

 初回手術から5カ月後に2回目の手術

を行い、タトゥー切除が完了しました。

写真は2回目の手術後4週間目の

状態です。1回目の手術後同様、

テープにかぶれてキズあとの周囲が

赤くなっています。

 

肩周囲は傷が治る過程で傷あとの幅が

広がったり赤く盛り上がる

『肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)』

という状態になりやすいエリアの

ひとつです。

傷あとがミミズ腫れのように見えるのは

肥厚性瘢痕を生じにくくするために

皮膚を縫う際にわざと盛り上げている

からです。

数か月の経過で平らになります。

今後さらに傷あとが落ち着いたら

また報告したいと思います。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。