症例写真【上まぶたのたるみ&軽度の眼瞼下垂症①】

月はじめと月末に投稿しがちな

坂クリニック・木下です。

4月前半は京都で開催された

日本形成外科学会総会に吉家院長と

参加してきました。

IMG_0088

とりあえず証拠写真です。

主にレーザー治療や眼瞼下垂症について

勉強してきたので、早速日々の診療に

活かしています。

 

今回紹介するのは、上まぶたのたるみと

軽度の眼瞼下垂症の症例写真です。

50代女性で、知人のお母様です。

しばらくお会いしていなかったのに

わざわざ当院を選んでいただいて

嬉しかったです。

また、ブログへの写真掲載をお許し

いただきありがとうございました。

PreOP

手術前の状態です。

上まぶたの皮膚のたるみや、

黒目の上1/3ほどが隠れている

軽度の眼瞼下垂状態が原因で、

まゆ毛の位置が少し上がっています。

上まぶたの陥凹が目立つのも

眼瞼下垂症に伴いやすい所見です。

PostOP1w

 手術後7日目の抜糸直後の写真です。

腫れのために黒目の露出は制限されています。

まだまだ腫れも目立つため、オーバーな

二重まぶたに見えてしまいます。

PostOP1m

 手術後1ヵ月目の状態です。

まぶたを開けやすくなったために

無意識にまゆ毛を吊り上げる必要が

なくなり、まゆ毛の位置が下がっています。

それが原因で、

まだ少し腫れが残っているまぶたの

皮膚がまゆ毛とともに下がってしまい、

腫れぼったく見えています。

≪つづく≫

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。