症例写真【上まぶたのたるみ&軽度の眼瞼下垂症②】

坂クリニック・木下です。

昨日は眼瞼下垂症手術の

術後1ヵ月目までを紹介しました。

 

手術の内容ですが、

二重まぶたの幅を7mmで設定し、

たるんだ皮膚を最大10mm幅で

目尻よりも外側まで切り取りました。

眼瞼下垂症に対するメインの処理として

眼瞼挙筋前転(がんけんきょきん

ぜんてん)法を行いました。

 

参考までに術前の写真です。

(普段どおり正面を見つめて

いただいています。)

PreOP

術後6ヵ月目の状態です。

PostOP6m

 

腫れが完全に消失しているために、

術後1ヵ月目時にまゆ毛の下垂で

強調されていた全体の腫れぼったさ

がなくなっています。

また、普段どおり目を開いて

いただいているだけですが、

黒目もしっかり露出しています。

PostOP6mScar

まぶたの皮膚を伸ばして傷あとを

露出させた写真です。

傷あとは白っぽい肌色に落ち着き、

不自然な凹みもないためノーメイク

でも目立ちません。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。