手首~前腕のタトゥー ④【 3回目術後】

5月後半はブログをがんばりたい

坂クリニックの木下です。

 

過去に3回にわたって紹介した

前腕(手首寄り)tattooの

3回目の手術が終了したので

紹介します。

参考までに手術前の写真です。

術前

前回紹介した下の写真の時点では

Post2ndOP1.5M

2回目の手術まで終了しており

残存する絵柄の範囲は28×55mmでした。

あと1~2回の手術が必要かも?と

考えていましたが、結局

3回目の手術で残りのtattoo全て

を切除することができました。

PO6th_Renamed_by_IWS

写真は手術後6日目の抜糸直後

状態です。

内出血(皮下出血斑)が消えかかって

いる時期のため黄色に見えます。

次に、抜糸から1ヵ月後の写真です。

PO5w_Renamed_by_IWS

皮膚を縫い寄せる際に傷の線に沿って

わざと少し盛り上げていますが、

3ヵ月ほどで平坦化してきます。

傷の線は周囲よりやや硬く、

全長でピンク色に見える時期です。

今後、傷あとの中でも縫い寄せる際に

きつかった部分でピンク色の線の幅が

数ミリ程度広がってきて目立ち始める

可能性もあります。

この期間はひたすらテーピング

がんばってもらうことになります。

反対側とほぼ同様に手首を反らす

こともでき、仕事も特に支障なく

できるとのことで安心しました。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。