症例写真【鼻翼(小鼻)縮小術 ・術前】

眼瞼下垂とタトゥーの手術しか

しよらんっちゃない?

と誤解を招きそうな

坂クリニック・木下です。

今回は珍しくテーマを変えて、

小鼻を小さくこじんまりさせる手術

『鼻翼(小鼻)縮小術』

症例写真を紹介します。

モニター患者さんは20代女性です。

①小鼻が目立つ(幅広い鼻に見える)、

②正面から鼻の穴が見える、という

2点がコンプレックスだったようです。

OP (1)

確かに鼻翼(小鼻)が基部(付け根)

よりも少し外側に張り出している

ため、若干幅広い鼻に見えます。

鼻の穴も正面から見えるといえば

見えます。

別の角度から見てみます。

OP (2) OP (3)

 鼻の下半分でアンバランスな点を

あえて指摘するとすれば、

鼻先(鼻尖部から鼻柱にかけて)の

サイズに対し鼻翼が大きめで

存在感が強い印象です。

また、正面からはあまり

気にならなかったのですが、

鼻の穴の間の付け根(鼻柱基部)

の高さに比べ小鼻の付け根の位置が

低い点も、アンバランス感や

小鼻の存在感を強調する一因と

なっているようです。

PreBV

顎の方から見上げてみます。

小鼻の皮膚の厚みと付け根の幅広さ、

鼻の穴の大きさがいずれも

左の方でやや勝っていて

元々の左右差があるといえます。

つづく・・・。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。