ホクロ切除縫縮手術【眉毛内】

初の月10回ブログ更新で

独りご満悦の

坂クリニック・木下です。

 

5月最後の更新では、

赤坂クリニックで相変わらず多い手術

である『ホクロ切除縫縮手術』

症例を紹介します。

(写真の掲載をお許しいただき

ありがとうございました。)

PreOP (2) PreOP (3) PostOP

右眉毛内の直径 9 mmのホクロを

切除して縫い寄せました。

(写真は上から順番に術前正面、

術前見上げ、手術終了時です。)

縫い寄せた後の傷あと周囲の変形や

ハゲ(瘢痕性脱毛)がのちのち気に

なりそうな場合は 1 cm近いホクロでも

炭酸ガスレーザーや高周波メスを使用

することもありますが、今回は

患者さんのご希望も考慮して

切除と病理検査を行いました。

 

以下が手術後 2ヵ月弱の状態です。

PO2M PO2M (3)

眉毛内から額にのびる傷あとの線が

まだわずかに赤みを帯びていますが

あまり目立ちません。

眉毛の中を横切る線状の傷あとは眉毛を

分断する細いハゲとして目立ちやすい

のですが、ホクロより内側の眉毛が

手術前から薄かったため手術後に

ハゲが強調されない予定どおりの

結果となりました。

 

病理検査の結果は、軽度の脂肪変性を

伴う色素性母斑(ホクロ)でした。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。