『くぼんだコメカミ』の改善

坂クリニック・木下です。

 

今回紹介するのは

『くぼんだコメカミ』に対する

ヒアルロン酸注入症例の写真です。

加齢に伴いコメカミのくぼみが

目立ち始める方は結構多く、

ヒアルロン酸注入による自然な

改善効果をお伝えすると、注入を

希望される方が増えてきました。

 

ほっぺたがふっくらしていない方は、

コメカミがくぼんでくることで

ほほ骨の横方向への張り出しが

目立ち始め、輪郭が菱形に変化

してきたと感じ始めるようです。

くぼみの少ないスムーズな曲線からなる

上顔面の輪郭を取り戻すことで、

若々しく柔らかい印象を与えることが

できます。

コメカミのくぼみ(陥凹)に対して

ヒアルロン酸などの注入を行うことで

スムーズな輪郭が得られます。

 

症例写真は 70代女性で、両側の

コメカミの陥凹が目立っています。

コメカミFiller_

ヒアルロン酸を片側 2.0mlずつ計 4.0ml注入

しました。(モデリスという製品を使用)

《ヒアルロン酸の片側あたりの必要量は、

軽度の陥凹で 0.5~1.0ml以下、

中等度の陥凹で 1.0ml前後、

高度または広範囲の陥凹で 1.5~2.0ml

といったところでしょうか。》

 

下の写真が注入後 1週間目の状態です。

内出血の跡(皮下出血斑)は生じて

いません。

コメカミFiller1w_

注入後 2ヵ月の状態です。

自然な形態が維持できています。

コメカミFiller2M_

ヒアルロン酸は6~8ヵ月程度で

自然吸収されてしまいます。

(吸収までの期間は製品や

注入量により差があります。)

陥凹が目立たない状態を維持するため

には、1年を待たずに吸収状態に応じた

必要量を再注入するほうがよいかも

しれません。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。