日本レーザー医学会 in 名古屋 

名古屋のクリスマスオブジェ

 

  先週の週末、

名古屋で「日本レーザー医学会」の総会が行われ、 

院長のご厚意により参加することができましたshine.gif

 

 

この学会は皮膚科・形成外科分野だけでなく、

歯科、耳鼻科、眼科、整形外科などの

幅広い領域のレーザー学会なので、

私たちの分野に関するセッションは限定されたものでしたが

  ニキビに対する光線・レーザー治療、

②瘢痕・ケロイドのレーザー治療、

③レーザー機器メーカー側の発表、④光線力学的療法などについて

のシンポジウムを聴講しました。

 

 

 

にきび治療に関しては、

日常の診療で非常に悩ましいのが、クレーター状のにきび痕、でdash.gif

近年のフラクショナルレーザーの登場で、

その効果が期待されていました。

その期待の星であったフラクショナルレーザー治療も、

ようやく症例が蓄積してきたところで、

にきび治療のセッションでは

フラクショナルレーザーを話題にあげる先生が多っかたです。

 

 

 結果ををまとめるとしたら..るとしたら 

 

 現在のフラクショナルレーザーでもっても

クレーターの改善効果は

陥凹がやや目立ちにくくなる程度

 

もちろん

一時的に目立ちにくくすることもとても大事なことですし、

なかには非常に満足のいく結果が出る方もいらっしゃるのですが、

まだ限界があるというのが一致した意見のようです。

 

当院ではフラクセル3のデモ機で治療段階ですが、

今の限界を乗り越え、満足の頂ける治療が可能になるように

まだまだ知恵を出していかなければならないのだと感じましたdash.gif

 

 

数人のベテラン先生が言われていたのが

レーザー治療を含め美容に関わる論文は非常に少ない!ので

もっともっとエビデンス(実験や研究で裏付けされた医学的な根拠)となる論文が必要だ、という事です。

レーザー治療で先端にいらっしゃる著名な先生方の多くは

開業されている先生方ですので、

症例報告(患者さんの治療結果のまとめ)の論文を出されることはあっても、なかなか基礎的研究をするのは困難。

そういう論文がどうしても少ないです。

日ごろ文献を検索していても感じる事です。

エビデンスになる論文が少ないという事は、

学会でいくら議論しても限界があるという事だと思います。

 

 

 

大学勤務医である私などは、

エビデンスをつくっていかなければいけない側なのだろうなと、

立場を生かせる事をやっていけかなければな、と感じました。

松尾

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。