ピコレーザー症例写真【マルチカラー タトゥー】

 

坂クリニック・木下です。

 

今回は、

多色彫り(マルチカラー)のタトゥーに

対する最新ピコ秒レーザー《PicoWay》

による治療経過を紹介します。

ピコレーザーは従来のQスイッチレーザーに比べ

黒以外の様々な色に対して効果があるというのが

ウリの一つです。

すでに日本国内で数種類のピコ秒レーザー

が発売されていますが、機種によって

消しやすい色の得意・不得意があります。

 

 治療開始前のふくらはぎ外側(下腿)

のタトゥーです。

(一部に丸いカサブタが付着していますが、

事前に行ったテスト照射のあとです。)↓ ↓

Before_ (2)

水色や紫はピコレーザーが効きにくい

可能性があったため、Qスイッチ

アレキサンドライトレーザーも動員

しました。(費用はピコレーザー

のモニター価格のままです。)

 

(その後1.5ヵ月毎の治療間隔で現在3回目

まで終了しています。)

2回目のピコレーザー 照射後 1.5ヵ月時

の状態です。↓ ↓

3M_

赤と黄色が2回の治療で順調に薄く

なっているのがわかると思います。

今後いろいろ工夫しながら

濃い黒・茶色・暗赤色を

せっせと消していく予定です。

今後も引き続き治療経過を紹介したいと

思います。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。