紫外線について

日本医師会・日本臨床皮膚科医会発行の

「紫外線 環境保健マニュアル 2015」

という冊子があります。

IMG_1669

紫外線とは、紫外線による健康影響、紫外線防御

などについて、

一般の方にもわかりやすいようにかかれています。

 

その中から、紫外線を防ぐ対策についてご紹介します。

①紫外線の強い時間帯を避ける。

午前10時~午後14時くらいの屋外活動を避ける。

②日陰を利用する。

日陰でも散乱・反射により日光は届きますが、

紫外線量は日向の50%程度になりますので、

日陰を上手に利用しましょう。

③日傘を使う、帽子をかぶる。

とくに幅の広いつばのある帽子が効果的です。

④衣服で覆う。

襟付き・長袖シャツが効果的です。

⑤サングラスをかける。

顔にフィットした、小さすぎない、色の濃すぎない、

紫外線カットレンズのものが効果的です。

⑥日焼け止めを上手に使う。

日常生活には

SPF10~20 PA+~++

屋外での軽いスポーツやレジャーには

SPF20~30 PA++~+++

炎天下でのレジャー・マリンスポーツには

SPF40~50(+) PA+++~++++

が日焼け止めを選ぶ目安として推奨されています。

 

 

塗りムラのないように2度塗りをする

汗や皮脂で流れて効果が減るため、こまめに塗りなおす

こともポイントです。

 

日焼け止めの飲み薬(ヘリオケア)を併用するのもお勧めです。

 

中園

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。