【高周波メスや炭酸ガスレーザーでの ホクロ治療】

坂クリニック・木下です。

クリニックそばのお濠では

今年も蓮の花が咲き始めました。

IMG_3994

 今回もホクロ治療ネタです。

【高周波メスや炭酸ガスレーザーでの

ホクロ治療】では、ホクロやイボなどを

「削る(蒸散する)深さ」はもちろん、

「アフターケア」も非常に重要です。

 

小さなホクロやイボひとつにしても、

きれいに取れてきれいに治ることを

期待してわざわざ来院してくださって

いると思いますので、再発は極力防ぎ

たいですし、最終的な傷あとも極力

目立たない状態に落ち着かせたいと

常に意識しながら治療に当たっています。

 

実際、個々のホクロの状態に応じて

将来再発しにくい深さまで削ります。

特に、深く削る必要があった場合、

将来的に陥凹した傷あとを残したり、

経過中に傷あとが赤く盛り上がって

くる『肥厚性瘢痕』を生じる可能性

(リスク)が高まります。

 

陥凹した傷あとや肥厚性瘢痕の

ようなリスクは、

ホクロの部位、肌質、生活環境

などの要因も加わるとどうしても

避けられない場合があります。

しかし、

治療後早期に行っていただくご自身

での処置や、傷ぐちがふさがってから

のアフターケアで上記リスクは

最小限にできる可能性が高いため

治療前だけでなく治療後の検診時

などに口うるさく(?)お話し

させてもらっていますので

お付き合いのほどよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。