症例写真【ピコレーザーで肩(上腕)のタトゥー除去(自彫り)】

坂クリニック・木下です。

 毎日蒸し暑いですね~。

 

今回は、

「肩(上腕)のタトゥー」に対する

ピコ秒レーザー《PicoWay》での

2回治療後までの経過写真を紹介します。

 

治療前です。↓ ↓

Before (5)_

3~4cmの直線3本を自ら墨汁で

彫ったタトゥーです。

 

進学・就職前にレーザーで消したい

というリクエストでした。

ここでピコレーザーの出番です。

自ら彫ったタトゥーにしては

しっかり濃さがありましたので

治療効率をアップさせる目的で

Qスイッチヤグレーザーも併用

しました。(費用はピコレーザー

のモニター価格のままです。)

 

初回治療後1週間目です。 ↓ ↓

Tx1 1w_

初回治療後1ヵ月目です。 ↓ ↓

Tx1 5w tx2_

1回の治療で黒色のタトゥーには

見えなくなっています。

2回目の治療から4ヵ月後の

状態です。 ↓ ↓

Tx2 4M tx3_

薄く透ける感じで墨汁の黒色が

残存していましたので、3回目の

ピコレーザー照射を行いました。

今後も引き続き治療経過を紹介したいと

思います。

今回の症例のように

自分で彫ったタトゥーでも

気合を入れて濃く彫っている場合は

3~5回の治療回数を要すると

思われます。

就職や進学など重要なイベントに向けて

治療をご希望の場合はできるだけ早めに

治療を開始することをお勧めします。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。