症例写真【ピコレーザーで背中のタトゥー除去(星)】

坂クリニック・木下です。

9月を目前にしてちょっと

涼しくなってきました。

 

今回は、

「背中(肩甲部)のタトゥー」に対する

ピコ秒レーザー《PicoWay》での

1回治療後の経過写真を紹介します。

 

《治療前》です。↓ ↓

Before_ (3)

濃淡を少し伴う黒色のタトゥーです。

治療効率をアップさせる目的で

Qスイッチヤグレーザーも併用

しました。(費用はピコレーザー

のモニター価格のままです。)

 

初回治療後《3ヵ月目》です。 ↓ ↓

PoTx1 3m_

黒色の色素は1回の治療でかなり

減少しているのがわかると思います。

茶色に見えるのは色素沈着などが

原因ですので数カ月かけて薄くなる

のを待ってから次回の治療を受けて

いただくことになります。

さらに8ヵ月経過して

初回治療後《11ヵ月目》です。↓ ↓

(2回目の治療直前)

PoTx1 11m_

11カ月も経過していますので

さすがに色素沈着による茶色い

色調も薄くなっています。

1回のピコレーザー照射で黒色の

部分は点在するのみとなりました。

(3ヵ月目の状態と比べても黒色

の部分が減っているのがわかると

思います。マクロファージという

お掃除細胞が地味に作業を進めて

くれていたおかげと考えられます。)

 

現在、ピコレーザーでのタトゥー治療

を受けていらっしゃる方のほとんどは

1か月半~2ヵ月に1回のペースで

治療を進めていますが、急いで消す

必要がない、または仕事の都合などが

理由で治療間隔が不規則に開いてしまう

こともあります。

治療間隔が開くことで、色素沈着が

薄くなったり、マクロファージの

働きによる残存色素の減少が期待でき、

次回レーザー治療時のメリットになる

場合もあります。

最適な治療間隔については、タトゥーの

部位や状態、治療開始後の経過によって

異なりますので、診察のうえ詳しく説明

させていただきます。

 

今後も引き続き治療経過を紹介したいと

思います。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。