苺状血管腫(乳児血管腫)のレーザー治療

お問い合わせが多い

赤ちゃんの赤あざ

「苺状血管腫」のレーザー治療について

お話しします。

 

苺状血管腫は、通常出産後に産院やご自宅で

淡いピンク色の斑で気づかれます。

その後徐々に赤味が増し、

盛り上がりはじめます。

生後3~6ヵ月くらいに

急速に盛り上がることがあります。

まれに潰瘍といって血管腫がジュクジュクする

こともあります。

通常1歳くらいになると増大は止まり

以降は小学校入学くらいまでに時間をかけて

少しずつ赤味が抜けていき白っぽく変化

していきます。

血管腫が急速に増大してしまうと

将来的に皮膚の質感がシワシワと残ってしまう

ことがあります。

 

 

以前は小児科や皮膚科を受診しても、

治療をせずに経過観察を行うことが主流でした。

現在はレーザー機器が非常に進歩し

合併症の少ない治療が可能になり、

できるだけ早い段階で治療を始めることで

苺状血管腫の急速な盛り上がりを抑える効果

があります。

 

2014年に医学論文として発表しました。

「苺状血管腫に対する早期ロングパルス色素レーザー治療

 の有効性の検討」 中園亜矢子 他

西日本皮膚科雑誌 第76巻 第4号 P.361~365, 2014

 

しかし皮下型という深いタイプには

レーザー治療の効果は乏しいので

内服など他の治療を検討するべきと考えます。

 

 

当院では保険診療で

苺状血管腫のレーザー治療を行っていますので、

どうぞご相談ください。

 

中園

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。