ピコレーザー症例写真【1回でタトゥーはどのくらい薄くなる?】

坂クリニック・木下です。

今回は、「腕のタトゥー」に

ピコ秒レーザーで1回目の

治療後、たまたま長期間経過

した症例写真を紹介します。

 

タトゥーのレーザー治療後は

通常、色素沈着による茶色が

目立つ期間が数ヵ月以上あります。

特に、その茶色が濃い時期には、

タトゥーの色と茶色が混ざって

見えるため、タトゥーの色が

どこにどのくらい残っているのか

判断しづらい場合があります。

それでも、治療開始後数回目までは

その茶色よりもインクの色の方が

目立つため、1ヵ月半から2ヵ月

程度の間隔で治療を繰り返すこと

も可能です。

しかし、このペースでの治療では、

1回の治療で純粋にどれだけ薄く

なってくれたのかがわかりません。

今回紹介する写真は、ピコレーザー

治療を1回だけ行った後に十分な

時間がたてば、どのくらい色が薄く

なるのか?と気になる方の参考に

なるかと思います。

※タトゥーのレーザー治療では、

待つのも治療の一つなので、

急いで消す必要がない場合は

最低でも4~6ヵ月の間隔を

空けて、しっかり薄くなるのを

待ってから次の治療を行うのも

アリだと思います。

 

治療前です。↓ ↓

pre_

黒一色で濃淡があります。

1回治療後20ヵ月目です。 ↓ ↓

上腕PostTx1 20M_

1回の治療で、淡い黒色部分の

ほとんどが消失し、色素沈着

による茶色が部分的に薄く残る

だけになっています。

濃い塗りつぶしや線もインクの

量が減っているのがわかると

思います。

今後も引き続き治療経過を紹介したいと

思います。

 

【施術の概要】(ほぼ全例において、

①から③の流れで1回の治療が完結

します。)

①   局所麻酔(注射)

②   ピコ秒レーザー照射

③   フラクショナルレーザー照射

フラクショナルモード搭載

炭酸ガスレーザー CO2RE使用)

【リスク・副作用】

<副作用>

・局所麻酔時の内出血

・レーザー照射後の痛み、かゆみ

<短期的リスク>

・局所麻酔薬のアレルギー

・レーザー光線による皮下出血斑

・熱傷(ヤケド)に伴う皮膚変化

(発赤、水ぶくれ、カサブタ、

びらん、潰瘍)

<長期的リスク>

・熱傷治癒後の皮膚変化

炎症後色素沈着、色素脱失、

肥厚性瘢痕、ケロイド)

【費用(面積に応じて変動します)】

本症例:51~70cm2  の場合

76,000円 / 1回

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。