症例写真【右腕のタトゥー切除縫縮手術】

明日・あさっての積雪が心配な

坂クリニック・木下です。

 

今回紹介するのは

30代女性の上腕外側にあるタトゥーの

治療経過です。

pre_ (2)

レーザー治療でもいい結果が出せそうな

タトゥーでしたが、ご本人の都合もあり

切除縫縮手術を希望されました。

(昨年夏のピコ秒レーザー『PicoWay』

の導入以来レーザー治療のご希望が

増えましたが、タトゥーの切除手術

にも従来どおり対応しています。)

 

11×4.5 cmの範囲で皮膚を切除して

わざと盛り上げながら縫い寄せました。

細い腕での4.5 cm幅は、切除して縫い寄せる

ことが可能なギリギリの距離です。

(皮膚を盛り上げて縫い寄せるのは

傷あとの幅拡大を最小限に

とどめるための対策の一つです。)

 

手術後 5日目の抜糸直後の状態です(↓)。

PO5_ (2)

まだ 5日目でもあり痛々しい印象です。

抜糸後からテープの貼付を開始し

途中、テープかぶれとも戦いながら

アフターケアを頑張っていただきました。

 

手術後 2ヵ月、4ヵ月半、7ヵ月半の写真を

順に並べてみます( ↓ )。

PO2M_ (2) PO4.5M_ PO7.5M_

絵柄を幅広く切除したところや

肩に近いエリアほど、傷あとの幅を

広げようとする力が強くかかり続ける

ため、傷あとの完成が遅れます。

そのため、半年以上経過しても一部が

ピンク色に見えたり、実際に傷あとの

幅が数ミリに拡大してしまうことは

タトゥーの部位やサイズによって

ありえます。

さらに数ヵ月かかってしまいますが、

最終的にピンクの色調は消えて

しまいます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。