美肌をつくる3つの習慣

赤坂クリニック近くの

福岡城跡の桜がとっても美しいです。

IMG_1550

IMG_1543

毎年さくらの季節になると

診察室からみえる風景に心癒されます。

 

私が考える

肌にとってとくに大切な

3つの習慣についてご紹介します。

 

1.肌をこすらない。

2.保湿。

3.紫外線対策。

 

1.肌をこすらない

前回の肝斑の記事でも書きましたが、

肌を摩擦することで

メラニン色素がつくられ色素沈着になったり、

キメがみだれます。

 

2.保湿

肌が乾燥すると

肌のバリア機能が低下し、

肌荒れをおこしやすくなったり、

かゆみを生じたりします。

小じわの原因にもなります。

 

3.紫外線対策

日光を浴びることで

体内でビタミンDがつくられるため

必要なものではありますが、

「日本では、あえて日光浴をしなくても

生体に必要な紫外線量は十分に浴びている」

といえます。

過剰な長期間の紫外線は

シミ・たるみの原因になったり、

皮膚癌の原因になることもあります。

 

 

洗顔やスキンケアの際に

皮膚を極力こすらないように気を付け、

保湿剤を塗り

一年を通して日焼け止めクリームを使用する

というのが私がおすすめするスキンケア法です。

 

中園

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。