眼瞼下垂症手術について 診察編①

坂クリニックの木下です。

今回から数回に分けて

眼瞼下垂症手術の症例写真を

紹介します。

(写真の掲載をお許しいただき

 ありがとうございました。)

 

①「目元のたるみが気になり始めた」

②「目が小さくなってきた」という悩み

で来院された60代の女性です。

普通に正面を見ていただいているだけ

ですが、おでこや眉間にしわが寄って

なんとなく険しい表情に見えます。

術前 正面

まず、

①の悩みについて診察しました。

元々は “ ひとえまぶた ” だった

とのことで、左目では上まぶたの

たるんだ皮膚がまつ毛にダイレクトに

かぶさってきています。(←ひとえ

まぶたの人の特徴でもあります。)

“ まつ毛の気持ち ” になってみると、

目を開けるたびに乗っかってくる

皮膚が煩わしく、払いのけたい気分

だと思います。

また、かぶさりの程度が強くなるほど

視界の邪魔にもなりはじめます。

 

そこで患者さんは、目を開くたびに

無意識におでこの筋肉(前頭筋)を

動員して左まゆ毛を少し持ち上げ

(=上まぶたのたるみを引き上げ)、

まつ毛にかぶさる皮膚の払いのけを

手伝ってあげながら、必要な視界を

確保することになります。

 

幸い右目は、加齢に伴い “ ふたえの

ライン ” が出現していたために、

まつ毛より上のたるんだ皮膚が

“ ふたえライン ” で一度折り返された

あとに、まつ毛側に垂れ下がって

きており、まつ毛にダイレクト

にかぶさる状態から免れています。

まつ毛にとっては皮膚の払いのけが

いつも必要ではない快適な状態でしょう。

 

しかし、よく見ると左右対称におでこの

シワが寄っていることから、おでこの筋肉

を動員して右のまゆ毛も左まゆ毛と同じ

高さまで引き上げているようです。

続く・・・。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。