たるみ治療について

赤坂クリニックの中園です。

赤坂クリニックには

しみ・あざ・しわ・たるみ・にきび跡などの

レーザー治療目的で来院される患者様が多いです。

当院には現在およそ15種類ほどの

レーザー・光・高周波治療機器があります。

今日は皆様からのご要望が多い

レーザーや光治療などの機器による「たるみ治療」

についてご紹介します。

当院のたるみ治療機器だけでも5種類ありますので、

いったいどれを選べばよいの? (・・?

と迷うかもしれません。

これら機器の共通点は、

皮膚や皮下に「熱を与える」ことです。

熱を与えることで、コラーゲンの増殖を誘導したり、

熱による収縮作用でたるみを引き締める

などの効果が期待できます。

一方で機器による違いは、

熱を与える「深さや範囲・熱作用の質」です。

コラーゲンの豊富な真皮へ熱作用を及ぼす機器、

真皮よりさらに深い筋膜へ熱作用を及ぼす機器・・・

というように機器ごとの特長があります。

 

doublo-f - コピー

↑ダブロ。真皮より深い筋膜に作用します。年に1~2回照射するのがおすすめ。

 

joule[1]

↑こちらは、スキンタイトⅡ。日頃のお手入れとして年に4~5回程度がお勧め。

 これらの機器によるたるみ治療は、

照射後もほぼダウンタイムがありませんので、

結婚式や同窓会・仕事でのプレゼン前などにも

受けていただけます。

 

 

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。